スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蘇民祭。

2012/01/31 Tue

29日の日曜日に、岩手県奥州市にある黒石寺というところで行われた「蘇民祭」というお祭りを見に行ってきました。

このお祭りは、「裸の男と炎のまつり」だそうで、何と開始は午後10時。
いつもの厚着に加え、お腹と腰と足の裏にカイロを貼り、地元の方に運転をしてもらって、いざ出発。

黒石寺までの道は、ほぼ貸しきり状態でしたが、到着するとなぜか駐車場は満車。
仕方なく、近くの路上に停めて、歩いてお寺に向かいました。

DSC02181.jpg

お寺に向かっているときは、あまりに車が通っていないので、今日じゃないのでは?とやや不安になりましたが、看板も出ているしよかったよかった。

そうしていると、「ジャッソウ、ソヤサッ」という男たちの掛け声が聞こえてきました。

DSC02183.jpg

「日本三大奇祭の1つ」と言われる蘇民祭が始まりました。

DSC02186.jpg

推定気温マイナス5度・・・。
狛犬も雪の帽子をかぶっております。

詳しいことは分かりませんが、20~30代の男性数十人が、下帯と足袋のみを身に着け、すぐ近くの川で身を清めた後、お堂の周りを巡り、五穀豊穣や厄除消除を祈願します。
中には、おじいさんもいました。
お寺の外には、救急車も待機しております。

DSC02197.jpg

めっちゃ、寒そう・・・。(汗)

裸というだけでも寒いのに、川の水を浴びているので、本当に見ているだけでさぶいっ!!
でも、水浴びとお堂巡りを繰り返している男性たちの身体からは、湯気が出ていました。
もう気合いなんでしょうか・・・。

この後、「ひたきのぼり」、「鬼子登(おにごのぼり)」、「蘇民袋争奪戦」という行事があり、終わるのは午前7時・・・。
このお祭り、朝までやるそうです。

私たちは、あまりの寒さのため、最初の「裸参り」だけ見て帰りました。

このお祭り、見ている人より、参加している人のほうが多いような気がしました。
きっと昔から地元の中で続いてきたお祭りなのだと思います。
昔は、真っ暗の中行っていたので、下帯さえもつけていなかったそうですが・・・。

こういうお祭りって、大事にして欲しいなぁと思います。

DSC02206.jpg

休憩所も、何とも味のある造りです。

せっかく東北に来たので、これからも東北ならではのものを楽しんでみたいなあと思います。
スポンサーサイト
プロフィール

miwawa☆

Author:miwawa☆
復興支援のお仕事で、宮城県気仙沼で活動中です。
龍のように、しなやかに、どんどん上を向いて昇っていけますように。

カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
ページビュー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。