スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海は続くよどこまでも~フィリピン⇒ブルネイ編~

2011/11/19 Sat

11月13日のマニラ出航の日。
港で盛大なセレモニーが行われました。

なんと、サプライズでフィリピンで有名な男性歌手が登場!
彼は、フィリピンだけでなく、インドネシアやマレーシア、ブルネイでも有名なようで、その国の女の子たちからは黄色い声援(←表現が古い?)が飛んでおりました。

私をはじめ、日本人は誰一人知らなかったので、何だかぽかーんとしてしまいましたが、確かに顔はかっこいいし、歌もうまい。
結局名前も分からなかったけど、ひさびさに素敵な人を見て、目の保養ができました。

さらに!
セレモニーの最後には、どこからともなくヘリコプターが近づいてきて、私たちの頭上でバラの花びらが振りまかれるというサプライズがっっ!!

しかし、風のせいでちょっとずれてしまったため、わざわざもう一回戻ってきてやり直してくれました。(笑)
私は、ヘリコプターが近すぎて、船にぶつかりはしないかとヒヤヒヤ・・・。(汗)
それにしても、フィリピン人のホスピタリティには感激いたしました!

そして、いよいよブルネイに向けて出航の時間となりました。
青年たちが、ホストファミリーとの別れを惜しみ、抱き合って泣いている姿をたくさん見かけました。
たった2泊3日のホームステイだけど、みんなそれぞれ素敵な経験をしてきたんだと思うと、思わず自分ももらい泣きしそうになりました。

天気がよかったので、横浜でやったように紙テープを投げ、マニラ港を出発しました。
セレモニーの前後は、青年たちの誘導などで無線が飛び交い結構忙しいのですが、出航したあとは、「無事に出航できた~!」と、ほっとします。

マニラ出航

マニラ湾の夕日は、世界でも美しいと評判だそうですが、確かに出航の日は地平線辺りに雲もなく、とてもきれいな夕日でした。

夕日

そこからブルネイに向けて、丸3日航海。
天気がよかったので、船の揺れは少なかったです。
あいかわらず、船酔いの青年はいますが、それほどひどくはない感じ。

11月16日にブルネイに到着ー!!
いよいよブルネイに初めての上陸・・・と思いきや、到着した日あたりから、熱を出したり下痢の青年が出てきたため、その日は船に残ってお仕事。
午後の課題別視察やウェルカムパーティーには行かずに船でお留守番でした。

しかし、次の日にはみんな元気になったため、全員ホームステイに行くことができました!

今日は、一日フリー。
管理部のみんなで、プチ観光とお買い物に行ってきました。

ブルネイは、三重県ぐらいの広さで人口は約40万人。
石油や天然ガスの資源に恵まれているので、とてもお金持ちな国です。
国民は税金はなく、医療費や教育費は無料だそうです。
車にも税金がかからないので、人口40万人に対して車の登録台数は24万台以上らしく、一家に3,4台は当たり前だそうです。

いやー。すごいねー。

道を走っていても、家は大きいし、みんな車に乗っているので、歩いている人を全然見ませんでした。
ブルネイ人の参加青年が、「日本は車が小さいけど、ブルネイはみんな大きい車に乗っているよ。」と言っていましたが、私は心の中で

「コンパクトにするほうが、技術がいるんだからーー!!」

と叫んでおりました。

さて、ブルネイの観光ですが、何百年以上も前から水上で暮らしている人たちの集落を見学しに行きました。

水上の家

ブルネイ川でボートに乗り、高床式みたいな家が並ぶ水上の集落に着くと、そこには警察も消防署も学校もありました。
今の王様が、陸地に移住を勧めていて、陸地の家に10年住めばその家は自分のものになるという政策を進めているそうで、少しずつ移住しているそうですが、今でも約1万5千人が水上集落で暮らしているそうです。

集落の中に、旅行会社と契約して観光客を受け入れている家があり、私たちもそのお宅にお邪魔しました。
お家の中で、手作りのお菓子と紅茶を頂きました。

DSC01496.jpg

アドミちゃんも、紅茶を頂きほっと一息。

台所の床を一部はずすと、その真下には川があり、台所から釣り糸を垂らしてなまずを捕ることもあるそうです。

その後は、今の王様が在位25周年の時に建てられたというモスクを見に行きました。
建設には8年もの歳月がかかったそうです。

モスク

ちょうど金曜日で、時間帯もお祈りの時間と重なっていたため、中に入ることはできませんでしたが、きれいなモスクを間近で見れて、アドミちゃんも満足気。

DSC01517.jpg

その後は、モールに行って自由時間。
お昼ごはんは、ブルネイで唯一のマクドナルドで食べ、その後はお買い物をしました。

DSC01539.jpg

とてもきれいなモールでいろんなお店が入っていました。

ホームステイ中の青年たちにも、何人か遭遇しました。

あまり娯楽施設がないので、どうしても行く場所が決まってしまうようです。

明日には、ホームステイから青年たちが帰ってきて、夕方には次の寄港地であるインドネシアに向けて出発です!!
また忙しくなりそうです。

では、また次回に続く~~~!!






スポンサーサイト

コメント

Secret

楽しみにしてました!

水上の家、ショッピングモール、同じ時代に一緒に存在してるとは不思議ですね。自分が日本にしか居れないのが悔しいです。あと、20年位戻りたい!私も薔薇を浴びたかった~?
プロフィール

miwawa☆

Author:miwawa☆
復興支援のお仕事で、宮城県気仙沼で活動中です。
龍のように、しなやかに、どんどん上を向いて昇っていけますように。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
ページビュー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。