スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信じられません。

2011/03/13 Sun

3月11日に起こった、大地震。

私は、訪問看護の仕事中で、3階建てのご自宅の1階で寝たきりで過ごしていらっしゃる利用者さんのところにいました。
排便ケアが終わろうとしていたときに揺れを感じ、娘さんと「地震かしら?」と話しているうちに、みるみる揺れが激しくなりました。

家全体が大きく揺れてみしみしといい、立ってられないほど。
利用者さんのベッド柵につかまり、身体を支えました。
そのお家では、食器棚を支えるなど、耐震対策をされていたので、棚が倒れたりはしなかったのですが、ベッドの近くにあった仏壇の中身が倒れたり、外に置いてあった物干し竿が倒れたりしました。

揺れは長く、「まだ収まらないの???」と、恐怖でいっぱいでした。
もちろん、生まれて初めての経験です。

利用者さんは、「私は年だし、動けないんだから、死んでもいい。あなたは若いんだから、早く逃げなさい。」と静かに言いました。
でも、その場を離れることはできず、ご家族の無事を確認し、利用者さんの体制を整えました。
何とか揺れが収まり、利用者さんのケアはもう終わっていたので、あとはご家族の方が片づけをしてくれるということでお任せし、私は一度事務所に戻りました。

事務所は、書類の棚が倒れ、花瓶が割れたり、食器棚は倒れなかったものの、中の食器が割れたりしていました。
みんな訪問に出ていたので、事務の方に無事を伝え、一人暮らしで寝たきりの方の安否確認へ。

しかし、外に出た途端、また大きな余震が。
道を歩いていると、両脇に建っている家がぐらぐらと揺れ、電柱や電線も大きく揺れるので、怖くて足がすくみました。しゃがんで揺れが収まるのを待ち、近所の人と声を掛け合い、そのまま利用者さんのところへ。
幸い、私が訪問したときには、その方のお友達が心配して駆けつけてくれていて、無事を確認できました。

それから、自分の受け持ちの方を回って、必要最低限のケアをし、事務所に戻りました。
ご家族がいらっしゃる方には、固定電話は通じていたので、電話で安否を確認。
ステーションがある地域は、下町で古い建物が多いので、かなり揺れがひどかったみたいですが、大きな破損や火事はありませんでした。

夕方、事務所のテレビを観てびっくり。
津波の映像を見て、思わず鳥肌が立ってしまいました。
まるで、映画でも観ているかのよう・・・。
実際に日本で起こったものだとは、信じられませんでした。

都内も、交通網がマヒし、電車が止まっているので、帰れないスタッフは、事務所に泊まることに。
私は、自転車を借りて帰ることにしました。
道路は、車がまったく動いておらず、歩道は歩いて帰宅する人でごった返していました。
まさに、民族大移動。

帰り道に、隅田川を渡ったのですが、いつもより水位が上がっていて、遊歩道まで水に浸かっていました。
道沿いにあるコンビニは、人でいっぱい。
おにぎりやパンなど、そのまま食べられるものはすべて売り切れていました。
スーパーも、ほとんど棚のものが落ちて割れたりしてしまったようで、電気はついているものの、閉められていました。

私も念のため、飲み物や食料を買い込み、家に帰りました。
まえに、自転車で職場に行っていてよかった。1時間以上かかりましたが、迷わず帰ることができました。
無事に着いたものの、私の家は、マンションの14階・・・。
もちろん、エレベーターは止まっていたので、階段で上がりました。

家の中は、物が落ちたりしていましたが、それほどひどくはありませんでした。
ただ、冷蔵庫の上に置いていたオーブンレンジが落ちてしまい、扉がはずれて中も壊れてしまっていて、完全にご臨終・・・。
しかし、幸いにも電気やガス、水道は問題なく、一安心。レンジくらい無くても、充分生きていけます。

同居している友達は、役所勤めなので、緊急事態でいろんな対応があるようで、その日は帰れないという連絡がありました。
その日の夜は、テレビの前に毛布を持ってきて、ほとんど一晩起きていました。
うとうとはしたものの、余震が15分おきぐらいにあり、小さな揺れでも14階だとしっかり感じることができるので、その度に目が覚めました。
12日の未明には、長野北部や新潟でも地震があり、その度にテレビと携帯電話の地震速報が鳴るので、かなり恐ろしかったです。

12日の朝、友達が帰宅し、それからずっと2人でリビングで過ごしました。
ただただ、テレビを観てるだけ・・・。
何もできないし、何をしたらいいのか分からない。
とりあえず、心配してメールを送ってくれた方にメールを返したり、東北や北海道に住んでいる友達や、実家がそちらの方にある友達にメールを送ったりしました。

何もしていなくても、時間が経てば、お腹が空きます。
食べたいときに食事ができ、温かいご飯とお味噌汁が食べられることが、本当にありがたいと感じました。

今日も、ずっとテレビを観ています。
どんどん流れる被害の映像に、ただただ唖然とし、助かった方のコメントに涙が流れます。

少しでもたくさんの命が救われますように。
行方不明の方が見つかりますように。

そう願って、節電するぐらいしかできず、もどかしい気持ちです。
日本人で、医療職である自分が何もできないのに、海外からどんどん支援の方が来てくださることに、頭が下がります。

ほどんどの知り合いは無事でしたが、まだ連絡が取れない人もいて、心配です。
どうか、無事でありますように。


モノは壊れても、命さえあれば、また何とかできる。
そう信じて。

スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

地震の直後にみわさんが来てくれた利用者さんは、本当に嬉しかったでしょうね。
読んでて涙が出てきました。
私はここから祈るしかできません。
でも、義捐金とか、遠くてもできることをします。
もう十分頑張ってるでしょうが、希望を持って頑張ってくださいね。

コメントありがとう。

デコデコさん>私が顔を見てうれしかったように、利用者さんも私を見てうれしいと思ってくれていたなら、すごく幸せですね。
プロフィール

miwawa☆

Author:miwawa☆
復興支援のお仕事で、宮城県気仙沼で活動中です。
龍のように、しなやかに、どんどん上を向いて昇っていけますように。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
ページビュー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。