スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再利用のサイクル。

2011/05/07 Sat

先週末、POMOSOプロジェクトの最終評価のため、コンサルタントの方がラオスにいらっしゃいました。
火曜日に、まず私の配属先でもあるビエンチャン市保健局に調査の説明を行った後、毎日日替わりでPOMOSOの各対象郡、ヘルスセンター、村を回ってインタビューを行うのに同行させていただいています。

RIMG1267.jpg

写真は、久しぶりに行ったパークグム郡病院。同期が活動していました。
病院の敷地内を牛が自由に歩いていて、とてものどかな病院です。

RIMG1266.jpg

病院の院長やカウンターパート、ヘルスセンタースタッフ、村の人は、「POMOSOが始まって、健康教育をするようになって、妊婦健診に行くようになったし、予防接種も受けるようになったし、よくなった。」と言ってくれます。

でも、

「村に下りるときにはPOMOSOのめくり型を持っていって、健康教育している。」

というものの、

「じゃ、使っているめくり型を見せてください。」

というと、

「えー、どこだったかな・・・。」

とガサゴソガソゴソと探し出し、やっと見つけためくり型は・・・。


とってもきれい。(涙)


「これ、使ってないだろーっ!!」

と思わず言いたくなってしまいます・・・。

いいことばかり言って、あまり本音を言わないラオス人・・・。
インタビューでどれだけ実際の成果が把握できるか・・・。
これは、また来週も続きます。


さて、今日はラオスのリハビリテーションセンターの体育館で、日本の団体やNGOによるチャリティーバザーが行われました。

RIMG1285.jpg

古着や古本、DVDなどの販売、震災時の写真の展示、NGOの活動紹介など、こじんまりとした感じでしたが、日本人やラオス人でにぎわいました。

RIMG1286.jpg

バザーでは、とんかつをご飯の上に乗せた「カツ飯」の販売も行われたのですが、環境教育隊員の発案で、その時に出た廃油を使って、ろうそく作りをしました。

RIMG1289.jpg

廃油に「固めるテンプル」を入れ、温度が下がってきたときにクレヨンを削ったものを入れて色をつけたり、アロマオイルを入れてアロマキャンドルにもできます。

RIMG1288.jpg

今日は、ものすごく暑かったのですが、みんな汗を流しつつお手伝い。
私は、ちょっと寝不足で体調がいまいちだったので、そばで「がんばれー。」と応援。(笑)

RIMG1291.jpg

卵のパックやヨーグルトの容器に流し入れ、タコ糸で作った芯を割り箸や針金を使って固定し、固まれば出来上がり。

固めるテンプルは日本から送ってもらったもので、ラオスにないのが残念ですが、廃油を無駄にすることなく、手作りキャンドルが出来上がりました。
これは、参加者の方のお土産になりました。

ラオスにも、固めるテンプルが普及すればいいのになー。
何か自然の素材でないですかねぇ?
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

miwawa☆

Author:miwawa☆
復興支援のお仕事で、宮城県気仙沼で活動中です。
龍のように、しなやかに、どんどん上を向いて昇っていけますように。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
ページビュー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。