スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の予定。

2011/07/18 Mon

なでしこJAPAN優勝しました~!!
すごいっ!

試合を見ようと目覚ましをセットしていましたが、起きたらすでに延長戦・・・。(涙)
しかし、澤選手の同点ゴールとPKは観ました!!
感動して涙、涙。
あきらめない心の強さに、あっぱれ!


さてさて、私はというと・・・。
ラオスから帰国して半月が経ちました。
会う人会う人、「これからどうすんの?」とよく聞かれます。

うーん、どうしましょ?(汗)

ずっと考えていて、ラオスに行けば何か光が見えてくるかと思いましたが、そうでもなかった・・・。

でも、1つ分かったことは、進学は無いな、ということ。

ラオスの隊員は、みんな向学心がある人が多く、帰国後国内や海外の大学院などに進学する人が多いのですが、ラオスにいる間は、周りの人の話を聞いたり、勧められたりして、進学を考えていたこともありました。
でも、帰国して思うことは、やっぱり現場がいいなということ。
それと、私は勉強は向かない!(笑)

「助産師になろう!」と思ったときは、かなり思いが強く、気合が入っていてので、嫌いな勉強もがんばれたけど、大学院は自分が行く目的が今一つはっきりしないし、その後の計画もあいまいなので、きっとがんばれないと思います。
大学院は研究だし、自分がもっと「これを突き止めたい!」とか、「勉強したい!」と思ったときに考えようと思います。
年をとれば勉強はもっと大変になると思うけど、やる気がしっかりあれば、何歳でもがんばれると思います。

という訳で、しばらくは働きます。

親はもちろんボーナスが出る定職に就くことを望んでいますが、それはもう少し後・・・かな。
今年は、おもしろそうなお仕事ができそうなのです。

まずは、今週の土曜日にラオスに行きます。

「またぁ??」と、思われた方。
はい、またです。(笑)

でも、今度は1週間のみ。

JICAが毎年中学生・高校生の国際協力に関するエッセイコンテストを行っているのですが、2010年の受賞者の副賞が中学生はマレーシア、高校生がラオスへの研修旅行なのです。
そこで、高校生(何人かは大学生になっていますが。)11名を引率してラオスに行くことになりました。

きっかけは、今年の3月に行われたコンテストの表彰式で、受賞者とその親御さんたちに、「ラオスは楽しいところですよ~。安全ですよ~。」というお話をさせてもらったのですが、そこで6月に帰国してからのことはまだ決まっていない、という話から「じゃあ、この子達の引率でまたラオスに行きませんか?」ということになったのです。

ガイドは一部のみ、通訳もつかないので、私一人で11人を引率して無事に帰ってこれるか、かなり不安もありますが、まあ、高校生だし!(←それが危ない?)

今回の受賞者のエッセイを読ませてもらったのですが、びっくりするぐらいみんな優秀!!
真っ直ぐできれいな心と素晴らしい文章力のおかげで、もうおばちゃん読んでて涙が出ちゃったわよ。
私も昔はそんな心を持っていた時代があったかもしれないけど、今はもう黒く薄汚れちゃったわね・・・と思い知らされました。

いろいろハプニングもあるかもしれないけど、高校生の目を通して見たり感じたりしたラオスを一緒に共感することで、私自身もあらためて気づいたり学んだりすることができるんじゃないかなかぁと、今から楽しみにしています。


それともう1つ。


私、マグロ漁に行きますっ!


というのは、冗談で・・・。

船は船でも、「東南アジア青年の船」というものです。
これは、内閣府が行っている青年国際交流事業の一つで、ASEAN10カ国(フィリピン、ブルネイ、インドネシア、ベトナム、ミャンマー、ラオス、タイ、シンガポール、マレーシア、カンボジア)と日本の青年約320名が日本国内や船内で共同生活を行い、いろいろなテーマでディスカッションをしたり、各国の社会事情を紹介したり、文化・スポーツ交流を行います。

予定としては、10月後半から国内研修を行い、11月から約1ヶ月半船に乗ります。
東南アジアを回り、フィリピン、ブルネイ、インドネシア、マレーシア、ベトナムに寄港し、青年たちは各国でホームステイをします。

「青年」として乗りたかったのですが、18~30歳という年齢制限があるため、とっくに無理・・・。(涙)
今回は、看護師スタッフとして乗船します。

私は、もともとピースボートとかにも興味があったので、ラオスの先輩が去年この船に乗ったという話を聞いたときに、「いいなー!私も乗ってみたい!」と思っていました。
その思いが通じて(?)、今年紹介していただき、乗船できることになりました。

去年は、船内でインフルエンザが流行ったりもして、24時間体制でかなりハードな仕事のようですが、こんな機会はなかなか得られないので、何とかがんばりたいと思います。


今月末に、再びラオスから帰って、船に乗るまでの約3ヶ月は、前にやっていた訪問看護とシェアというNGOの東京事務局のアシスタントを掛け持ちでやる予定です。
「何をしようかなぁ。」と思っているところに、いいタイミングでぽんっと仕事が舞い込んできて、何とかなっています。
この不景気の中、いろんな仕事ができるのは、本当にありがたいことだと思います。

来年以降は、まだ考え中ですが、これからの新しい仕事で新しい出会いがあり、また次の仕事へとつながっていくのかなぁと思っています。(←他力本願?楽観主義?)

みなさまには、いろいろとご心配をおかけしますが、私自身はこんな人生を結構楽しんでいますので、「またこんなことやってるー。」とこのブログでみなさんも一緒に楽しんでいただけたらと思います!
スポンサーサイト

コメント

Secret

No title

はいはい、またなんかかんかやってるなー
と思っておきますよ(笑)
今しか出来ないこと、
自由の身だからこそ出来る事を思いっきり満喫してね。

ところで。
船酔いとか大丈夫なの??!!

コメントありがとう。

なりさん>船酔いね。どうなるかねー。大きい船だから大丈夫だとは思うんだけど、嵐でも来りゃ揺れるよねー。酔い止め持って乗り込みます。お相手さえいれば、いつでも落ち着くんだけど、こればっかりはねー。(笑)

No title

いいね~いいね~~!!
ノリノリやね~♪
今しかできない事、満喫してください^^

ところでランカは立ち寄らないの??
前の夫の職場の方とあったりする機会は??
のりがよろしく言っといて~って^^

私も乗船したいな^^ナース年齢制限いくつまで?!

アグレッシブ!!

う~
相変わらずアグレッシブで素晴らしい~(><*)ノ~
私も…と思いつつ、日本に留まります(苦笑)

あ、あと3月結婚することになりました~。
それまでには、必ず会いにいきますね!!

コメントありがとう。

みちゃりん>今回の東南アジア青年の船は、スリランカには行かないのー。同じような事業で、インドやスリランカのほうを回る「世界青年の船」というのもあるんだけど、それには乗らないのよねー。残念。ナースの年齢制限は無いよー。5年の臨床経験と海外経験があるといいらしいよ!

コメントありがとう。

BABAちゃーん>えー!!結婚するのー?おめでとー!!何だか私までうれしいよ。BABAちゃんに続くようにがんばりますわー。でももうちょっとふらふらしますー!(笑)

No title

いいなあいいなあ!楽しそう。
みわさんは私がやりたいようなことをいつも飄々とやっていって、うらやましい限りです。
そういえば遠い昔に私も「九州青年の船」とかいうのに「青年」として乗ってタイに行ったことがあります。でも私は団体行動や「みんなで感動」とか「仲間!」の雰囲気がうっとおしくて、げんなりしてしまった覚えが。みわさんならそういう特殊な雰囲気もうまく世渡りして行けそうですよ。楽しんできて下さいね~。

コメントありがとうございます!

snufkinさん>いやぁ、いつまでも落ち着かないだけです。船は、閉ざされた空間なので、みんなもテンションがおかしくなるのかな?(笑)ゆるゆる~っとしときます。
プロフィール

miwawa☆

Author:miwawa☆
復興支援のお仕事で、宮城県気仙沼で活動中です。
龍のように、しなやかに、どんどん上を向いて昇っていけますように。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
ページビュー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。