スポンサーサイト

--/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グローバルフェスタ in 日比谷公園。

2011/10/02 Sun

10月1,2日の2日間、日比谷公園でグローバルフェスタが開催されました。

1日は、シェア開催のシンポジウムと重なったため、2日の日曜日に遊びに行ってきました。

ちょっと写真はないのですが、会場はJICAを始め、各国の大使館、JOCVのOV会(ラオスもありました!)、NGOの出展がたくさんありました。

本当に、日本にはこんなにNGOやNPOがあるんだなと圧倒されるほど。
一つ一つ丁寧に観ていたら時間が足りないほどです。

天気は曇りで肌寒かったけど、夏の暑いときはずいぶんましです。

シェアのブースも見に行きましたが、インターンさんやボランティアの方ががんばって準備してきただけあって、たくさんの方が観に来ていらっしゃいました。

ステージでもいろんなイベントをしていて、1日には藤原紀香が来たそうですが、今日はルー大柴・・・。(泣)

スーダンの難民キャンプに行ってきたそうですが、写真を出しながら司会の女性と話をしたのを聞いていると、現状を伝えつつも、「何もなくて、衛生的でなくて、かわいそうな人たち。」という言い方がすごくアピールされてて、何だか嫌な気分でした。

前日にあったシンポジウムで、講演をしてくださった沖縄のジャーナリストの方が、

「当事者に寄り添って、できないこと、ないものばかりを見るんじゃなくて、できること、その人が持っているものを数える。」

とおっしゃっていた言葉を思い出しました。

見方、言い方1つで受ける側の印象が全く違うものになるなぁと感じました。

ここで私が書いているブログでも、いろんな伝わり方があると思うと、私の言いたいことはうまく伝わっているのかなぁとか思ってしまいます。
いくら自分の考えを書いても、受け取り方の違いがあるかもしれないけど。

ま、あほなことしか書いていないんですけどね・・・。(笑)


ルーさんの後には、世界各国の写真や映像にのせて歌を歌う桑山さんという方の「地球のステージ」というイベントがありました。
この方は、世界の現状を伝えるために、学校や協力隊の訓練所などでこのイベントをされているのですが、この方が開いているクリニックが宮城県の名取市にあり、市内5つあったクリニックの中で、残ったのは1つだけだったそうです。
今回は、東日本大震災の写真や映像、震災後にどのような活動をされていたかという内容になっていて、思わず見入ってしまいました。

「見て見ぬ振りをしない社会」
「困ったときはお互い様」

いろんなエピソードがあったけど、この2つの言葉が印象的でした。
当たり前のことだけど、なかなかできないこと。

でも、とても大切なこと。

初心に帰るというか、気持ちが改められるいい機会になりました。




スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

miwawa☆

Author:miwawa☆
復興支援のお仕事で、宮城県気仙沼で活動中です。
龍のように、しなやかに、どんどん上を向いて昇っていけますように。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
ページビュー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。